2008年8月18日月曜日

Om Mani Padme Hum


Om Mani Padme Humとはチベット仏教の最もパワフルなマントラです。84000のBuddhaの教え、すべてがこのマントラの6つの音節に込められていると言われています。とてもシンプルだがパワフルなマントラです。Buddhaはすべての者が苦しみから解放されるために思いやりの心:COMPASSION を持つようにと説かれました。この思いやりのマントラを使いながら瞑想する事で混乱している意識を気づきへと導き、自分にも他人にもCompassionが持てるようになると言われています。

2008年8月13日水曜日

9月はYOGA MONTH


09.2008. Yoga Month: awareness campaign to inspire a healthy lifestyle

アメリカではヨガ的ライフスタイルの普及とヨガがもたらす健康的なベネフィットの意識を高めるためのキャンペーンが9月にピークを迎えます。1年かけて10都市で様々なヨガスタジオ、アーティスト、企業、ヨガインストラクターが一環となりキャンペーンを行ってきました。9月に10都市でヨガワークショップ、キルタン、パーティ、レクチャー、キッズのためのアクティヴィティー、100以上のヨガグッズのエギジビターによるブースなどが催されるヨガの祭典が行われます。集まったプロフィットはYouth Health Alliance に寄付されます。2008年以降、9月はYogaの月になるそうです。ヨガで意識を変える、ライフスタイルのレボリューション、革命的な動きです。

規模が大きい。すばらしいです。9月にLAで行われるYoga Month の祭典、Global Mala に参加する予定です。Wah!のキルタンがあるのでと〜ても楽しみです。

差別的なスペイン



今世界はオリンピックで盛り上がってますが、スペインのオリンピックパスケチームが新聞に掲載した差別的な広告が世界的に問題になっています。チーム全員が指で目じりを持ち上げて、つり目にしている、オリンピックのホスト国である中国、そしてアジア全体を差別している、なんとも悲しい出来事です。

4年に1回、文化の違いや歴史にとらわれず、世界中の国々が調和できる祭典なのに、これだけグローバルになった21世紀でも人種差別の根強さを感じます。この広告のスペインのオリンピックバスケチームのメンバー、この企画に関わったクルー、スポンサー、新聞社、は誰一人としてこの広告が中国人、アジア人に不快感をあたえ、嫌な気分にさせる事をきずかなかったのかが不思議です。

さすがスペイン。私はこの写真をみて、記事を読んだとき全然驚かなかった。数年前に家族旅行で南スペインに行った時、まったく同じ事が起こったからです。アルハンブラ宮殿と言うイスラム建築の世界遺産を観光してる時、スペイン人の小学校の団体が遠足でアルハンブラ宮殿に来ていました。そして、アジア人である私達を見て、小学生の団体が目じりをもちあげて、”アチョー、アチョー”とベタなカンフーモドキの動きをやりながら私たちに近寄ってきました。一人や二人ではなくクラス全体がこんな感じでした。

それを見ていた先生達も生徒達をしかるわけでもなく、野放し。このような国の姿勢、教育機関の姿勢があるから今回のこの騒動は驚きではない。スペインの学校ではアジアの文化や歴史をどのようなアングルでとらえ、教育してるのか興味があります。ヒスパニック系が多いマイアミも、すごい差別的だったし。だからといってヒスパニック文化全体をジャッジするのは間違ってると思うし、ネガティヴなサイクルになるだけだが、無知って怖いです。

テクノロジーが発達しても人間の根本的なものは変わらないのかな?科学の進歩はしてるけど、意識は全然進化していない。健康的な地球運営のためにもますます地球レベルでの意識の改革が必要ですね。母なる大地である地球の恩恵を受けながら生かされている我々人間、お互いの文化や違いにそして地球にもリスペクトをもてるようになれればいいですね。そのためにもヨガ。

さらに詳しく読みたい方はニューヨークタイムズのブログで熱いディベートが行われてます。

2008年8月11日月曜日

ブライアン・ケストティーチャートレーニング&パワーヨガワークショップ




Namaste friends!

報告が少し遅くなりましたが、ブライアン・ケストティーチャートレーニング&パワーヨガワークショップ無事に終了しました。準備に1年位かかったのでティーチャートレーニングもワークショップも大成功して本当にホットしてます。

TT&WSに沢山の方々が横浜や東京はもちろんのこと、遠い所からも(ロス、ハワイ、熊本、大分、福岡、北海道、福島、仙台、名古屋、etc...)参加してくださってありがとうございます!!本当に楽しい学びの時間が皆様と共有できた事をうれしく思います。ブライアンも日本の事が大好きになったようです。今まで何度も日本でのWSのオファーをもらっていたようですが、今回が初来日のブライアン。世界各地で教えてきたけど、その中でも日本が一番楽しかった!と言っていました。

また来年も河口湖でのリトリート&パワーヨガWS予定していますので、今年参加した方々も、できなかった方々もお楽しみに★

今までいろいろな先生のもとでヨガを学んできたけど、今回のブライアンのもとでの学びはとても特別なものになりました。ロスのブライアンのスタジオでもここまで師にビッチリついて学べない。クラス以外での師のマナー、態度、ライフスタイル、ハートなどからも学ぶ事が多かった。

ヨガスポットの生徒さんにTT&WS の時に私とSundariのクラスがブライアンのクラスに似てるから、やりやすかったと言われたのですが、ブライアンが本家本元!今までで一番影響を受けている先生の一人です。

ティーチャートレーニング&ワークショップ中、私とSundariが交代でブライアンの通訳をしてたのですが、そこからの学びも大きかった。ただクラスを受けてるだけでは気づかない事やヨガに関して、ブライアンの哲学に関しての深い理解ができたような気がします。

TT&WSの参加者の方々にプロの通訳ですか?と何度も聞かれたのですが、(けっこういつも聞かれます。。)プロの通訳ではないですが、今回も皆様にクオリティーの高い通訳が提供できた事をうれしく思います。なによりもブライアンのメッセージをしっかり伝える事が一番重要なので、みんなにメッセージがちゃんと伝わって本当によかったと思います。

いつも忘れない様に心がけているのは、一番大切な事は "教え"(teaching) を伝える事で、私たちはそのメッセージを伝えるためのチャンネル、伝達手段だと言う事。ブライアンともこの事についてディスカッションをしたのだが、すべての行動の源は我々ではなく、この宇宙のものすべてを動かしている偉大なエネルギーであると言うこと。

クリシュナ神はバガヴァッドギータの4章、18ヴァースでこう説いています

“ One who sees inaction in action, and action in inaction, he is wise among men, he is a Yogi and performer of all actions”

“行為の中に無為を見、無為の中に行為を見る人、彼は人間のうちの知者であり、専心してすべての行為をなす者である”

師から生徒へと途切れる事なく伝わって来た、ヨガの教えを伝えて行く者として、私たちは行動(action)や行動の果実(fruit of the action)に執着せず、ヨガのuniversal truth (真理)が一人でも多くの人に届くように、人類の自由に、意識の改革につながるように、教えの伝達手段として行動するのみ。常に忘れないでいようと思います。


クラスを受けていると先生の事は観察できないけど、今回はしっかり観察する事ができました。クラス中のブライアンの教え方、話方、リードしかた、アジャスト、生徒とのコミュニケーションのとりかた、グループのエネルギーのまとめかた等々。

ヨガを教えている人ならわかると思うけど、3〜4時間続くアサナのクラスの何十人のグループエネルギィーをクラス中ずーっと、一つにまとめるのは結構むずかしいのです。でもブライアンは簡単にサラットやっていました。これも20年以上ヨガを指導しているベテランだからできるのでしょう。

ベテランと言えば、20〜30年前にアメリカにヨガの波が起きはじめた時からブライアンはヨガをプラクティスしています。ブライアンはその最初のヨガの波を起こした "first wave of american teachers" と言われている現代ヨガの最初の世代の先生。

今のLAと言えば何百のヨガスタジオがありますが、当時のLAではまだYoga Works (ロスから始まったヨガスタジオのチェーン店)もできてないし、ブライアン・ケスト、アナ・フォレスト、エリック・シフマン、といった今では世界のトップインストラクターといわれる先生達が教えているだけでした。

こうした偉大な先生達が開いてくれた道があるから2008年の現在、私たちにその教え、思いが繋がれ、この日本でヨガを教える事ができるのです。特に現代ヨガの主流であるヴィンヤサフロー、ヴィンヤサシステムを教えているインストラクターはみんな多かれ少なかれこの最初の世代のアメリカ人の先生達に影響を受けているはずです。

道を開いてくれた先人、先生達にいつもクラスを教える前にリスペクトの気持ちを思い出すようにしています。そしてこのような、ヨガのつながりに、先生とのつながりに感謝。ブライアン・ケストの様な偉大な師のもとでヨガを学べること、本当にラッキーです。

次はShiva Reaのプラーナ・ヴィンヤサフローのティーチャートレーニングに行ってきます。

ブライアンのTT&WSの写真とビデオを MySpaceにアップしたので興味のある方はぜひ、チェックしてください。

Enjoy your summer♡

JAI MA!

OMkari


ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...