2017年2月2日木曜日

危険なマインド、安全なマインド




ヨガの世界ではシャンティ、平和は一人ひとりの中から生まれると言います。恐れやコンプレックス一杯の人は、恐れとコンプレックスに支配されている無意識なマインドから言動、行動し、その破壊的な波動を他者へ世界へと広げていきます。内側の恐怖は、人をどうにか傷つけようと必死になる姿として現れ、外側に投影されます。

慈悲と愛を意識的に育む練習をしていると内側からシャンティが生まれ、そのポジティブな波動が他者へ社会へと広がります。

現実的に社会や周りをニュートラルに観察しても前者と関わる事の方が多いかもしれません。

ある研究 TEDのプレゼン)で会社でのグループワークの際、グループ内に一人でもtaker (取る人)がいると他のgiver(与える人)は努力する事と与えることをやめてしまうそうです。グループワークを成功させるためにはgiverを増やすのではなく、takerを除外する事がポジティブな効果を生み出すという結果が出ました。




ヨガは自分&他者に対して安全なマインドを育むための練習です。その練習方法であるヨガポーズ、アサナの練習、呼吸法、マントラジャパ瞑想、ヨガニドラ、瞑想やセルフケアはとてもパワフフな効果を発揮します。

恐怖心に支配されているマインドは自分にも他者にも危険なマインドです。まずはマインドの中でどの様なマントラ、音、言葉が繰り返されているか意識する事が大事になります。常に頭の中で自分や他者を非難し、嫌悪を増やすストーリーを繰り返しているか。どの様な思考パターンが繰り返されているか意識し、ヨガの練習を通して恐れ、批評、嫌悪に支配されている危険なマインドから感謝、慈悲心に満ちた安全なマインドへと変換していく事が真我へと近づいていく道です。

毎日毎日、頭の中で繰り返している思考パターンは必ず現実化します。高級マンションには必ず玄関にガードマンがいて不審者を通しません。ビルの入り口でガードマンが家に入れて良い人と、入れてはいけない人を仕分ける様に、私たちのマインドの入り口にもガードマンを立たせ、内側に入れて良い波動、考えと入れてはいけない波動、考えを仕分けていく事が必要です。

自分のマインドの中にどんなネガティブなストーリーが鳴り響いているかさえ気づかない私たちにとってこの仕分けのプロセスは最初はとても難しいでしょう。

ヨガの練習はとてもパワフルです。毎日のヨガポーズの練習、呼吸法、マントラ・チャンティング、瞑想の練習を続ける事で内側の思考パターンが明白に見えるようになり、どこにどれだけの生命力と集中を向けたら良いかが明確になってきます。練習を続ける事で恐れに支配されているマインドが徐々に落ち着き、不安が和らぎ、自己愛と平和が生まれ、自分にも他者にも安全なマインドが育まれてきます。



『地球にはこれ以上成功者はいらない。地球が最も必要としているのは平和を作る人、修復できる人々、癒せる人々や愛を与えられる人達だ』ダライ・ラマ

今の地球にはこれ以上、ロックスターやセレブはいらない、その通りだと思います。地球の変換期である今、最も必要なのは一人でも多く『安全なマインド』を持っている人を増やす事。一人一人の『安全なマインド』が健康でハッピーな、家庭、社会、地球を作る基盤となるからです。

ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...