2009年5月25日月曜日

TED: Technology, Entertainment, Design

TEDと言うとてもパワフルで革新的なカンファレンスのプレゼンテーションがTED.comで無料で見る事ができます。グローバルなイノベーター達が様々なトピックについてプレゼンするのですが、とにかく素晴らしいです。Big Respect!




人類の美しさに触れる事ができるし、革新的なアイディアやディープな知識を通して人類の意識の改革を起こしている、テクノロージーを駆使した、意識のある革命です。


TEDが5月からプレゼンテーションのクリップに字幕を付け始めました。日本語はまだ数本のタイトルにしか訳されていませんが、今後日本用に字幕付きでプレゼンクリップが見れるとなれば、そこからまたアイディアが広がり、大きな意識の改革へと繫がる事になるでしょう。これはうれしいですね!

去年このブログで紹介したTEDのジル・ボルト博士のクリップに字幕が付いています!翻訳は、まーなんとか意味はわかるかなって感じでしょう。余談ですが、ネイティブスピーカーではない人が英語を訳す時、ヒアリングがとても重要だと思います。


ジルボルト博士のクリップではcompassion(思いやり、温情)をpassion(情熱)と訳していました。Compassionとpassionを聞き違えたのでしょう。

ロシア語の有名な通訳者、名前はわからないのですが、彼女がインタビューで言っていました:通訳をしていて、日本語さえうまければ、いくらでもごまかせる。聞いてる側はロシア語が解らないから、日本語がうまければ、ごまかしてもわからないって。


確かにそうなんだけど、訳をごまかして、本来のメッセージの意味が伝わらなかったら、まったく意味がない。この前ケーブルのFOXのドキュメンタリーかなにかで、"two fifties" $50札を2枚と言う意味を2ドル50セントって訳してた。日本人が英語のヒアリングをするとプロの翻訳でも多々このような間違えがある。アメリカドラマの訳などもかなり適当。

ドラマ等の訳のごまかしはいいかもしれないけど。。パワフルなメッセージを伝えないといけない場合はいくら日本語だけ、しっかり出来てもも仕方が無いと思う。


これをヨガの話につなげると、ヨガ通訳はなによりもメッセージが大事だからなお、そう。特に先生のニュアンスも伝えないといけないから、しっかりとヒアリングが出来ていないと、メッセージが失われてしまう。


メッセージを伝える事が先決だからごまかしはきかない。前に東京で Shiva Rea ~ シヴァレーのワークショップに言った時、その時にヨガ通訳の人が "turn on your inner light" "内側の光を灯して"、を "電気をつけて" って訳してた時はえー、全然違うぞー???ってちよっとびっくりしたけど。


例えば、ブライアンケストの通訳をする時に丁寧な日本語できちきち訳してたら、全然ポイントがづれるだけ。ブライアンのムードや言葉の使い方、ニュアンスを同じような日本語で訳す事が大事。


あと、ヨガ通訳でトリッキーなのは解剖学的な言葉を沢山使う先生の通訳をする時、解剖学的な身体の言葉をそのまま訳しても、ほとんどの参加者はわからない。Oblique abdominal ~ を訳して、がいふくしゃきんっていっても誰もわからないと思うけど、言われた通り訳さなければいけないと言う点もある。

エエーッ、ちよっとまって!!TEDのトピだったはずが超、道をはずしてしまいました!!これもマインドの性質。マインドは結びつきで考えるからすごい、それちゃいましたね。TEDの話からヨガ通訳までドリフトしちゃいました。

話をTEDに戻すと、芸術、デザイン、科学、哲学、ビジネス、エンターテイメント、音楽、健康、ヒーリング、happiness~喜びの追求 etc... 革新的なアイディアに興味がある方はcheck it out! 

スピリチュアルティーチングやチベット仏教、マインドの性質についてなどのプレゼンテーションも沢山あります、必見です。


ジル・ボルト博士の字幕つきクリップ



peace peace peace

 :::

ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...