2010年10月4日月曜日

企業ヨガ&瞑想コース~ Zen Mind Beginner's Mind

Namaskaram!



先日、Asahi Group (アサヒ建設)の社長ご夫妻にお招きいただき、社員の皆様にヨガ&瞑想コースをプレゼンしてきました。社長夫人のヒロミさんはとても熱心なヨギーニで、ヨガ&瞑想のプラクティスをライフ・スタイルに取り入れる事で絶大な効果が得られる事を自身の経験から認識済みです。ヨガ&瞑想の素晴らしいプラクティスを忙しい社員の皆様とシェアしたいと企画を立ててくれました。



社員の健康維持のため、ストレス・マネージメントのツールとして、仕事や生活のストレスをヨガ&瞑想で減少させる事で、仕事の効率アップにも繋がり、仕事も人生も豊になります。超クールな社長ご夫妻、オープン・マインドでフォーワード・シンキングな上司がいる企業は本当に幸せで、有益だと思います。



ほぼ全員がヨガ&瞑想の初心者の方々&自主的にヨガスタジオや瞑想コースに参加しているとう言うケースでもなかったのですが、皆さん素晴らしい集中力とやる気があり、私たちもとても良いインスピレーションを受けました。



ポーズをフローする時には皆さん集中して一生懸命に動いていて、瞑想も集中していたので、少しでも仕事や生活に活かせる要素を持って帰っていただけたかなと思います。

いつもはヨガスタジオと言うセッティングで教えているので、グループ全員がヨガ初心者という場では "初心” に戻れた気がしました。配布したヨガポーズのプリントを見た際や、ダウンドッグのデモを見た時に起こったざわめきは新鮮でした。

そして帰りの電車でふと思い出したのが、禅マスターのShunryu Suzuki Roshi  鈴木 俊隆 の "Zen Mind, Beginner's Mind" 。

鈴木 俊隆の 初心=禅の心を説いた、マスター・クラッシック。何事にも初心、ビギナーズ・マインドが重要だと説かれています。物事に慣れてしまうとそこにはジャッジメント、偏見や固定観念などがあり、驚きや好奇心の要素が薄れて行きます。ビギナーズ・マインドは批評や固定観念などがなく、子供のような無邪気さで好奇心、wonder  や  amazement を持って観察したり、探検したり、"これは何?” と問う心。

全てにオープンできめつけや執着や期待をしないマインド。この瞬間にどんな事が起こっても、ready なマインド。

大人になり、何かのエキスパートになると全てを知っているつもりになり、考え方も狭くなる。こうしなければ、あーしなければと言うマインドに捕われ、そして物事が期待通りにいかないとマインドを閉ざしてしまう。 ビギナーズ・マインドには溢れている可能性はエキスパートになると減ってしまう。
 
"In the beginner's mind there are many possibilities, in the expert's there are few." 

Suzuki Roshi
Zen Mind Beginner's Mind

瞑想中、あーでなければ、こーでなければ、とかいろいろな固定観念に捕われているマインドに気づき、それを手放す事で可能性が広がる。毎日の生活を ビギナーズ・マインドでアプローチする事ができれば、生活の中に真の目覚めがあるのかもしれない。

ヨガティーチャーもヨガを教えるのに慣れてくると全て知っているつもりになる、錯覚に陥りやすい。 でもヨガを深めれば深めるほど、自分がどれだけ、知らないかに気づかせてくれる。

LAにいる私の大好きなヨガ・ティーチャー 、ソールもいつもヨガクラスでの練習中、ビギナーズ・マインドを忘れない様にと言っていたなと思い出し、物事を新しい角度、wonder & amazement を持ってアプローチする要素はヨガの練習はもちろん、ヨガティーチャーとしても、毎日の生活にも必要だと、また思い出させてくれました。そしてガチガチに固まっている心を溶かして、ビギナーズ・マインドへとリセットしてくれるのも、ヨガのスゴイところ。


Asahi Groupの社長ご夫妻、そしてヨガ&瞑想コースにご参加くださった社員の皆様ありがとうございました。

法人企業ヨガに興味のある方はこちら

ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...