2013年6月22日土曜日

ニューヨークからエリザベス・ロッサ来日:アシュタンガ・ヴィンヤサWS&タントラヨガ・イマージョン

New York トライベッカのヨガスタジオ、Shriyoga のオーナー・ヨガティーチャー 

エリザベス・ロッサ来日! アシュタンガ・ヴィンヤサヨガWS&タントラヨガを紐解く哲学イマージョン

タントラの脈動:Pulse of Tantra

2013年8月10日(土)&11日(日)




    


 Yoga Spot認定の300/500時間 ティーチャートレーニングを受講中の方はこのトレーニングの受講時間がモジュールの単位として加算されます。

★プラーナフローヨガはタントラヨガの哲学に基づいています。特にプラーナフローヨガを学んでいる生徒の方々は両日、午後の哲学・座学クラスのご受講をお薦めいたします。



ビーイング&ビカミング:タントラの脈動 with エリザベス・ロッサ

Being and Becoming : Pulse of Tantra with Elizabeth Rossa




日本のヨガコミュニティーでもヨガ教典やバガヴァッド・ギータ等のヨガの聖典を学んでいるヨガ実践者は多いと思います。ハタヨガのルーツであるタントラヨガ、聞いた事があるけど、タントラヨガとは何かわからないと言うヨガ実践者も多いはず。ヨガ・スートラやバガヴァッド・ギータ等の聖典を解説する座学は日本でも開催されていますが、タントラヨガの哲学を学べる機会はまだまだありません!様々なスタイルを練習しているヨガ・プラクティショナーは沢山いらっしゃると思いますが、どのスタイルのヨガを練習していても、このタントラヨガ・イマージョンを通して、人生に、ヨガの練習に、普段の生活に活かせる知識が得られると思います。

この2日間のタントラヨガのイマージョンでは、アシュタンガ・ヴィンヤサヨガ、瞑想、タントラヨガ哲学、そして自己への問いかけ方法を学んでいきます。深い興味心を抱き、タントラヨガのレンズを通して上記のトピックを探究して行きます。
未だに日本語訳のないタントラヨガの主要聖典、Yoga Spanda Karika ヨガ・スパンダカリカで明記されている様にタントラヨガは、非二元性のヨガの道であります。この古代の聖典に明記されている最も重要なトピックを紐解いていきます。ヨガ・スパンダカリカ:“この世に存在する物、全てが脈動し神聖なシャクティである。そのシャクティーは、破壊される事の無い永遠の高い意識シヴァから生まれている”。

沢山のヨギー・ヨギーニの憧れである現代ヨガのメッカ、ニューヨークのトライベッカにあるShriyogaのオーナー・ヨガティーチャー、エリザベス・ロッサは、多彩な瞑想法と自己への問いかけ方法の指導者でもあります。タントラヨガの教典の中に書かれている事を学びながら、その知識を直接、実体験して頂けるようエリザベスが導いていきます。未だに日本語訳されていない、タントラヨガの主要聖典、スパンダ・カリカを学ぶとても、貴重な機会をどうぞご堪能ください。
このタントラヨガ2日イマージョンでは以下を学びます:ハタヨガのアサナ・ポーズ、呼吸法、プラーナヤーマ、私たちの五感を使い、ジャーナリング、マントラ、ヴィジュアラィゼーション、パートナーワークを通し、閉ざされた神聖なハートと繋がっていきます。この週末は、ご自身の偉大な真の自分と直面する時間としてお使い下さい。

朝のアサナ・ヨガポーズのプラクティスでは、プラーナとアパーナの呼吸の動きに意識を向け私達に内在する呼吸と呼吸の間に存在する静けさを発見していきます。意識の高い練習を行いながらムラ・バンダ、ウディヤナ・バンダのテクニックを通して内部を探検していきます。アサナのシークエンスは、多彩な知識を持つリチャード・フリーマンより伝授されたアシュタンガの伝統で行っていきます。世界的にも名高い、素晴らしい瞑想の指導者サリー・ケンプトンから伝承された瞑想のテクニックを加えながら進めていきます。土曜日の朝のアサナのクラスは、前屈、ツイストを中心としたシークエンス。日曜日の朝のアサナのクラスは、後屈、インバージョン(逆転)を体験していきます。





{スケジュール:全4部、2日イマージョン or 単発参加可能}


8月10日(土)1部:10am〜12:30pm アシュタンガ・ヴィンヤサヨガWS:前屈&ツイスト

8月10日(土)2部:2pm〜5:00pm タントラヨガ哲学:座学

8月11日(日)3部:10am〜12:30pm アシュタンガ・ヴィンヤサヨガWS:後屈&逆転

8月11日(日)4部:2pm〜5:00pm タントラヨガ哲学:座学


Yoga Spot認定の300/500時間 ティーチャートレーニング単位:2日イマージョン:11時間





受講料|全4回:2日イマージョンor単発参加可能




全額前払い制。申込書が届き次第、予約確認書をメールいたします。3日以内に届かない場合はお知らせ下さい。 お申し込み後、期日以内にYoga Spotにてもしくは銀行振込でのお支払いになります。 申込済みの方でも、ご入金が期日内に確認できない場合、ご予約をキャンセルさせていただき、ご入金済みの方を優先させていただきます。全額入金確認をもって申込完了とさせていただきます。

会場

ヨガスポット|横浜元町中華街|イーストゲートビル7階
• 横浜元町中華街、みなとみらい線、元町中華街駅、中華街東門(朝暘門)2番出口より徒歩1分 
• JR石川町駅、元町出口、中華街出口より徒歩10分



エリザベス・ロッサ


ニューヨーク、トライベッカにあるシュリヨガスタジオのオーナー/ディレクターであるエリザベスは、11年前にエリック・シッフマン、マックス・ストロムの元でヨガの先生の資格を所得した。エリザエベスがオーナーであるシュリヨガは、2005年にニューヨーク・マガジンにより次世代のベストヨガとして選ばれている。その他、ゴサム、タイムアウト、リアルシンプルなどと言った数多くの雑誌にも取り上げられている。

エリザベスは、ヨガの生徒そして先生としてコミットしている。2005年以来彼女のメンターでもある、瞑想とタントラ哲学のマスター、サリー・ケンプトンに莫大な影響を受けている。

2011年にリチャード・フリーマンとメアリー・テーラーのアシュタンガ・ヴィンヤサフローヨガの200時間トレーニングを修了し、今ではリチャード・フリーマンより伝授された新たな知識が彼女の伝えるヨガへ影響している。2012年もこの素晴らしい二人の先生の元でヨガの教育を継続している。サリー、リチャード、メアリーこの3人の先生は現代のスピリチュアル・ワールドにおいて正真正銘の先生達であり、3名の先生に教えて頂いたヨガティーチャーとしての誠実さ、intergrity "ヨガの先生の意味" "ヨガを伝えるとはどう言う意味" かが彼女のティーチングの基盤となっている。

この他にも、ヨギバジャンの教えによるクンダリニーヨガの認定、霊気マスターシップと言った多才なバックグラウンドを持っている。アディア・シャンティとのサイレント・リトリートと自己への問いかけの練習も彼女の教えに影響している。
ヨガ、瞑想、自己への問いかけの先生として、自由で、明瞭な場を保ちながら、古代的で難解なヨガの教えを現代的に明確に伝えるように、心がけている。生徒さん一人一人が、静止し呼吸を感じ好奇心を高め内側の声を聞くよう、今この瞬間を感じられる様に導いている。

自身がオーナーであるニューヨークのシュリヨガでクラスを持ちながらも、世界各国でリトリートなども開催している。オープンセンターの職員でもあり、クリパルヨガ・センターでも、ゲストプレゼンターとして活動している。

ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...