2008年11月25日火曜日

Shiva Rea Prana Vinyasa Flow Teacher Training


サンタモニカビーチの夕日


9月と11月、2回にわたって行われた、Shiva Rea Prana Vinyasa Flow Teacher Training 200時間を修了してきました。Prana Flow YogaとはShiva Reaがクリシュナマチャリアの教え、タントラ、アユルヴェーダ、バクティ、師の15年の指導経験をを元に編み出した古典的且つ、革新的で、創造的なヴィンヤサフローヨガ。





9月の "Embodying the Flow" と言うモジュールに続いて、11月のモジュールではシヴァ特有の Fluid Power & Chakra Vinyasa を学び、哲学はハタヨガのルーツであるタントラ、特に Kashmir Shaivism  〜 カシミール・シャイヴィスムについて勉強しました。


学んだ教典は "Vijinanbhairava Tantra" と "Spanda Karikas" 。師いわくヨガ教典やバガヴァッドギータは現代では誰もがアクセスできる教典なので、あえてあまりアクセスできないこの教典を選んだとか。





13世紀のトルコの神秘家、詩人RUMIのスペシャリストでルーミー研究の第一人者、Andrew Harvery のレクチャーに続いて、今回はカシミール・シャイヴィスムとタントラヨガ、Hindu Tantra の第一人者、Paul Ortega がゲスト講師でした。


Andrew HarveyもRUMIの詩を訳した本とか、RUMI についての研究や、 Paul Ortegaもタントラ、カシミール・シャイヴィスム、"Spanda Karikas" について本を沢山だしているので興味ある方はチェックしてみてください。




もう一人のゲスト講師、アユルヴェーダのスペシャリストの James Bailey にエネルギィー体のnadi (ナディ) や marma (マルマ) の授業をしていただきました。

Prana Flow Yogaの基盤となるモジュールを修了したので、これから300時間か500時間にするかは検討中です。

9月の前半、11月の後半で太いマニュアルが3冊、他にもシヴァの論文やヨガ関連の記事を集めたプリントがどっさり!勉強はこれからです。読みたい本も沢山あるし、マニュアルもしっかり読んで、今年の冬は勉強モードにはいるぞー!


LAは大学生の頃からよく遊びにいっていました。特に当時はインターナショナルスクール繋がりでメジャーな州には沢山友達が留学していたので、夏になるとロングステイしたり、仕事を始めてからはビジネストリップで行ったり。。大好きな場所です。

私たちがステイしたVenice beach は特種な街で、1950年代後半はヒッピーカルチャーの前兆だったビート世代を作った、初期のBeat poets(ニューヨークで集結する前)やアーティストのホームグラウンドだったり。

60年代にはヒッピー文化が花を開き、ドアーズとかのサイケデリックロック、ブルースロックの音楽シーンも盛り上がっていた(ドアーズのバンドメンバーってヨガ&瞑想のクラスで知り合ったらしい)。


そして70年代にはローカルのサーファーがスケートボートを始めて、ベニスは通称ドッグタウンとなり、スケートボードのスポーツ、そのものを革命化した。このようなアーティスティクでサブカルチャー的なヴァイブレーションがあるから今、ここまでヨガが盛んにプラクティスされてるのだと思う。


LAは現代ヨガの歴史もあるし、街自体もすごくオープンで、ヨガを練習している人々のマインドがとてもオープンで意識が高い。ヨガ的にはこんな良い場所はないかも。ブライアンにロスのヨガコミュニティーの始まった頃の事についていろいろ聞いてたら、ニューヨークよりも早くヨガの波がきていたと言ってました。





LAで一番好きなヨガセンター、ソール先生の日曜の朝のレギュラークラスに入る所です


余談ですが、ニューヨークのヨガコミュニティーと言えば →

ショーン・コーンのインテンシィブを受講した時にショーンが言っていたのだが、彼女がデヴィッド・ライフのライフカフェでウェートレスとして働いていた時、デヴィッド&シャロンが始めてインドへ行き、二人が明らかにすごいトランスフォーメーションをしてNYCに帰ってきたそう。

二人のそのトランスフォーメーションが周りの人達にそしてNYCのヨガコミュニティーに影響を与えたそう。その後ショーンはLAに引っ越した。


そしてLAにはアメリカの現代ヨガの基盤を作ったマスターティーチャーが沢山いて、普通に毎日クラスを教えている。やはり、15年、20年、30年ヨガの指導歴がある先生達はすごい。


アメリカに行くといつも実感するのが全体のインストラクターのレベルが非常に高い。中でもLAは特別だけど。養成コースのレベルもものすごく高い。マスターティーチャーがしっかりトレーニングをするので全体的にインストラクターのレベルが高くなるのだと思う。


世界中から沢山の人がトレーニングを受けに来る。今回シヴァ・レーのティーチャートレーニングにもアメリカ全土、ブラジル、ヨーロッパ、シンガポールとか様々な場所から来ていた。イギリス人も結構いたんだけど、ロンドン位のメジャーな街でさえ、ヨガはLAとは比べもにならないらしい。

何と言っても一番最高なのはあのカラっとした天気。あれだけ天気が良ければ肩こりもなくなります。街中プリウスだらけって言うのも最高。

写真は全然撮らなかったんだけど、ティーチャートレーニング友達からフォトが回って来たので次回載せますね。

much love, peace & respect

Omkari

ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...