2011年5月27日金曜日

自分のエネルギーに責任を持つ

前にこのブログで何度か紹介した、ジル・ボルト・テイラー博士のパワフルな洞察 脳の研究を専門とする医学博士、機能神経解剖学者のボルト博士が脳卒中にあった時の体験をプレゼンしているTED talk。まだ観てない方は今すぐチェック!!!

ジル・ボルト・テイラーをアメリカ1財力と影響力を持つ女性として知られているOprahがインタビューしているSoul Seriesの映像なのですが、ひと泣きしました。

"自分のエネルギー(姿勢、態度、言葉)に責任を持つ事"  ジル・ボルト・テイラー

"Take responsibility for the energy you bring"  Jill Bolte Taylor

本当にそうだと思います。自分の持って来るエネルギー、人との接し方、リアクション、言葉は誰の責任でもない、自分の責任なのです。自分の放つエネルギーや批判的な、ネガティブな感情などは、放たれている対象に種はなく、全て自分から来ているのです。この認識はまさにヨガです。

この事を知覚すると人間関係が少し楽になるかもしれません。非難されている時、ネガティブなリアクションを放たれている時、全ては相手から来ていて、そのネガティブなエネルギーは自分からではなく、相手の中にあるのですから。

例えば、障害者の方を見て、いろいろな批評、ジャッジメント、裁き、ネガティブな言葉、エネルギーを放つ人、そのネガティブな感情やジャッジメントは対象となっている障害者の人にはなく、すべて、ジャッジしている人、そのマイナスなエネルギーを放っている人にあります。


この認識はタントラヨガのラサ・ヴィンヤサ・サダナ(感情を浄化するラサ・サダナ)の重要な気づきのステップでもあります。


本当の意味の大人とは自分のエネルギーの責任を持てる人の事だと思います。

あのOprahがボルト博士のこの言葉を聞いて、"今まで聞いた中で一番重要な quote フレーズ!新しく設立する会社のマントラにするわ" と言っていました。

この言葉を真から理解する事ができれば、自分の持って来るエネルギー、姿勢、態度、リアクション、言葉、に責任を持つ事ができれば、進化、成長できるのではないでしょうか。It's Yoga baby :)

学び盛り沢山のインタビューです、check it out!


ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...