2011年2月18日金曜日

ヨガ・ライフ:心と体に自由と楽をもたらせてくれるヨガ



皆様のヨガライフはどんな進化をとげているでしょうか?頭が忙しく働いている普段の生活でエネルギーが消耗する事が多い現代人のライフスタイルですが、その時のコンディションに合わせたヨガの練習を続ける事で余分なエネルギーの消耗を防ぎ、活力に満ちた生き生きとした、心と体が保つ事が可能になります。



深い呼吸をして、今、この瞬間の体と心の状態を確認してみてください。心と体がどのようなヨガの練習を求めているか教えてくれるはずです。また、普段どのようなヨガの練習をしているか時には見直し、その練習法が今の自分に合っているか確認する事も進化への道につながります。



今回 OMkari & Sundari がベニスで受講したシヴァ・レーのヨガティーチャーのための、タントラヨガ、ラサ・ヴィンヤサティーチャートレーニングではエネルギーの消耗を防ぐヨガのシークエンシングや普段から我々が抱えている心の不安や緊張(anxiety)をヨガの姿勢、マントラ、ムドラなどで解消し、常にともにある緊張から解放される、革命的なタントラヨガのテクニックを学んできました。


サンスクリット語で ディヴィヤ・カルナと言う緊張や不安を解消してくれる、タントラヨガの最も神聖な姿勢 "divine posture" とビジャ・マントラ(種のマントラ)を伝達していただき、実践しています。驚く程の効果に再度ヨガのパワーに敬意を感じています。不安や心配にかられ精神不安定になった時に現代人はお酒、タバコ、薬や病院に頼ってしまいがちですが、とてもシンプルなヨガのポーズと音(マントラ)が薬よりもパワフル(副作用や依存性もなしに)に効いてくれる、世界のみんなが実践したらいいのにと心から思いますし、ストレス社会に生きる現代人が最も必要としているツールだと確信しています。


ストレスを溜めると心と体は攻撃性を増し、依存症が高まり、うつの原因にもなります。脳細胞や筋骨格系の組織にもダメージを与え、免疫力が弱まり、心臓へ大きなプレッシャーがかかり、心筋梗塞や高血圧などの心臓病へ発展していきます。また糖尿病や骨粗鬆症なども悪化します。


ストレス、食と運動不足がほとんどの病の源です。我々が日々感じている様々な(言葉では表せない)感情なども体内の複雑な化学反応に影響されています。運動不足解消はもちろんの事、ヨガは体内のストレスホルモンを分泌する内分泌系にも働きかけ、体内の化学反応のバランスを整えてくれます。ストレスホルモンのアドレナリンやコルチゾールの分泌をコントロールし、脳、心、体をハッピーにしてくれるセラトニンやメラトニンの分泌を促進し、アルファ波などの脳波もコントロールする事で体の免疫力を高め、ストレスが多大なプレッシャーをかける心臓への負担を軽減し、血圧をさげ、いろいろな物への依存からも解放してくれます。


ヨガで緊張している神経システムを穏やかにし、体内の化学反応をバランスさせ、リラックスする事が忙しい現代人には必要です。ですが常に緊張している神経システムが穏やかにリラックスした状態とはどのような感覚かが、わからない人も沢山いるのではないでしょうか。芯からリラクゼーションを感じて始めて、自分がどれだけリラクゼーションを必要としていたのかを認識できるケースは少なくないと思います。


私も普段の生活から離れ、ヨガにimmerseするまで自分の神経システムがジリジリ、オーバーヒートしていて、リラクゼーションが必要だったと気づきませんでした。でもリラックス期間があったおかげで、神経システムにスーットしたクリームをぬってあげた様なリラクゼーションとリニューアルした感覚を芯から感じる事ができました。自分自身が常に良い状態でいる事は周りの人へも環境にとっても、ベストだと思います。ストレスが溜まり、神経がピリピリしていれば周りの人にも環境にも毒を吐いてしまい、自分も周りも知らず知らずその毒をリサイクルしている生活にはまってしまう。自分にも、家族、同僚や友達、環境にも毒になってしまいます。


私が常々、思っている事はヨガティーチャーとして共有できる知識や実践法は全て自分自身でプラクティスしている事だけと言う事。"Practice what you teach" あたりまえの事ですが、自分で実践していない事は共有できないし、教えられない。自分のプラクティスしている事を教えると言う事はヨガティーチャーとしての責任であると感じています。



今回のシヴァ・レーとのヨガティーチャーのための Rasa Vinyasa Teacher Training では体内の化学反応をバランスさせるヨガのシークエンスの組み立て法など、沢山沢山、自分自身の進化に繫がる知識や実践法を伝達していただきました。まずは自分で実践してみて、効果があると確信し、自分のヴァイブスと一番ピッタリ合う練習法を私はヨガティーチャーとして皆さんと共有しています。本当にヨガが私を助けてくれたので、実証済みの事だけをみなさんとシェアする事を常に心がけています、本やDVDやネットからの知識ではなく。




シヴァ・レー師は常に言っている事があります、プラーナフローの伝達から来たポーズや流れを教える時、もちろん他のヨガティーチャーから教わった事なども必ず、発案者やクリエイターにクレジット表記をする事。また誰々から教えてもらったフロー、インスパイアされた事など、誰々が創造した事ですと伝える事。もちろん、ヨガクラスでも座学でも書面でも。


オリジナリティーが評価される中でしっかり発案者や教えてもらった人にクレジット表記をする事は勇気がいる事かもしれませんが、正直に生きる為には必要な事ではないでしょうか。特に、シヴァの場合、世界でも類のないヴィンヤサフロー・ヨガティーチャーで、沢山の人が師のスタイルに影響されています。師の発案したフローで他の人が自分のスタイルを作り上げてしまう事は少なくない事なのでしょう。私のブログやヨガスポットのHPからの記事なども、他のブログやHPなどに、無断で、クレジット表記なしにコピペされてしまって、たまたま発見したケースも多々あります、考えられない話ですが。






私の進化をもたらせてくれている、プラーナ・フローヨガ。いろいろなヨガスタイルがある中、プラーナフローに出会えた事、そしてシヴァ・レーと言う素晴らしいだけでは形容ができない、この様なヨギー/ヨギーニには出会った事がない、最高な先生、リバーガイド、Rasika に出会えた事が、師からの Prana Flow の知識の伝達が、私のヨガの生徒として、ヨガティーチャーとしての大きな影響になっている事は間違いないです。偉大な先生、Shiva Rea に、プラーナ・フローヨガのトライブに感謝しています。

ヨガティーチャーはフィジカルなポーズを教えるガイドです、そしてその肉体で作るいろいろな形を通して、形のないものにアクセスしいく、90分のフローの中にエネルギーの流れをガイドするリバーガイド、そしてアルケミストでもあるのです。


今後もレギュラークラス、ワークショップやトレーニングなどで共有していきたいと思っています。楽しみにしていてください。


ヨガの練習から本当の変化、トランスフォーメーションを得たいのであれば、フリーサイズのt-shirts的な、どんな時でも、誰でもみんなが1つの型を実践する練習法ではなく、今の自分の合った、今の自分の体、心、体内で起こっている反応がどのようなヨガプラクティスを必要としているか見極める必要があると思います。 体内のリズム、地球のリズム、シーズン、1日のリズムに合った練習法があります。自分の今の練習法をみつけ、日々その感情に、感じている事に正直な練習から本当のトランスフォーメションは起こるのだと思います。


みなさんのヨガ・ライフが一人一人の進化に繋がり、心と体に自由と楽を齎せてくれる、ツールである事を祈っています:D


次回の CET :ヨガインストラクター継続教育トレーニング は4月9日スタートです。ぜひ、ご参加ください。






 今週末!



来週末!

•2月26日 ヒーリングタッチ!ヨガポーズのアジャストメント方法を学ぶWS



ブログ アーカイブ

このブログを検索

Yoga Spot YouTube

Loading...